新型コロナウイルス感染症への対応について

第15回北陸道路舗装会議実行委員会

 第15回北陸道路舗装会議は、新型コロナウイルス感染症への対応として「密閉・密集・密接」の三密回避と「マスクの着用・手洗い(消毒)・ソーシャルディスタンス」等の新しい生活様式に基づく開催を目指しており、下記の対策を行います。

密集および密接回避に関する対策

-会 場-

  • 記念講演・パネルディスカッション・発表会場の収容率50%での入場制限。
  • 記念講演・パネルディスカッション会場の映像・音声を報文発表会場でテレ聴講可能(会場間移動の縮減)。

-受 付-

  • 間隔を取るマーキングにより受付ブースへの誘導。
  • QRコード(参加券ハガキ掲載)による「入退場者管理システム」を導入。

-CPDS-

  • CPDSの「代行申請」による、受講証明書の当日交付の不実施。

密閉に関する対策

  • 会場入口の常時開放若しくは、発表者交代時入口の開放による換気。

※※※感染予防に関する参加者へのお願い※※※

  1. 当日の朝、発熱等体調がすぐれない場合は、参加をお控え下さい。
  2. 会場入口のサーモカメラによる検温で37.5℃以上の場合は、会議資料の配付のみで会場への入場はお断りします。
  3. 会場ではマスク着用および手洗い・アルコールによる手指の消毒をお願いします。
  4. 厚生労働省がリリースしている、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした『接触確認アプリ(COCOA)』のスマートホン等へのインストールをお願いします。
  5. 報文発表前後、休憩時における対面での会話・飲食等、参加者同士の接触は、極力お控え下さい。
  6. その他 CPDS等の希望者は、JCMの指導により、聴講確認の為に指定の会場・座席が 設定されます。